ドライハーブの購入と保存方法とは?

ドライハーブは、フレッシュハーブに比べて、長期の保存に向いています。

今日は、ドライハーブの購入と保存方法に関して書いてみますね。

ドライハーブの選ぶコツ

食品を選ぶ

ドライハーブは、ハーブ専門店やネットで購入できます。

その際に確認することとして、「食品」として販売されているものを購入しましょう。

学名を確認する

販売店により、同じハーブでも呼び方が違うことがあります。

どの店舗でも共通で表記している「学名」を確認しましょう。

原産国を確認する

日本で現在販売されているドライハーブは、ほとんどが輸入品です。

品質を確認するためにも原産国を確認しましょう。

使用上の注意を確認する

ドライハーブは、種類によっては、妊娠中や授乳中、何かしらの病気のため治療中の方は、購入する前に、かかりつけの医師に相談してから購入しましょう。

ドライハーブの保存方法

密閉容器で保存する

ドライハーブは、品質を保つために密閉容器で保存しましょう。

保存場所は

保存場所は、保存容器に乾燥剤を入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

ドライハーブは、紫外線と湿気が苦手です。

賞味期限、使用開始日を保存する容器に記載する

ドライハーブを保存する密閉容器には、賞味期限や使用開始日を記載しましょう。

もし、賞味期限を過ぎたりしたら、サシェなどクラフト作りなどに利用すると良いです。

まとめ

いかがでしたか?

ドライハーブの購入と保存方法について書いてみました。

ちなみに、購入先は、enherbがおすすめですよ。

理由は、今日書いたことが全てまかなえるからです。

わからないことは、店員さんが親切に教えてくれますよ。


Posted from SLPRO X for iPhone.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Comments Closed